スポーツTV中継メモ

各種スポーツテレビ中継の放送予定やチケット情報などをメモっていきます

【第1回 さいたま国際マラソン 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手|11月15日(日)開催、リオ五輪・女子マラソン代表選考レース

      2017/10/27

【お知らせ】

当記事は2015年に行われた「さいたま国際マラソン」の記事です。2017年の「さいたま国際マラソン」の記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

東京国際女子マラソンの後継として始まった横浜国際女子マラソンは2014年で開催終了し、その系譜は2015年から「さいたま国際マラソン」として継承されることになりました。その記念すべき第1回は2015年11月15日(日)に開催。その模様は日本テレビで朝9:00から全国生中継されます。

日本代表選考レースとして開催された2014年の横浜国際女子マラソン。優勝した田中智美選手(第一生命)が世界陸上の日本代表に選ばれず波紋を呼びました。

駅伝シーズン真っ盛りということもあり、このレースを回避する選手も多いかもしれませんが、ダークホースの位置から日本代表を狙うには、またとないチャンス。しかも今回はリオデジャネイロ・オリンピックの選考レース。ここで活躍し、一気に五輪の日本代表へ駆け上がるニューヒロインが誕生してもおかしくありません。やはりこの大会は見逃せない!

ということで第1回(2015年)「さいたま国際マラソン 2015」のレース結果速報(順位・記録)、開催日程、テレビ放送予定、招待選手などをまとめました。

スポンサーリンク

レース結果速報(順位・記録)

はじめての開催となる「さいたま国際マラソン」。そのコースは起伏の激しい難コース。この難しいコースはレース序盤で海外招待選手をリタイアさせる等、選手達を次々と飲みこんでいきます。難コースを唯一ものともせず初代女王に輝いたのはアツェデ・バイサ選手(エチオピア)。最後までスピードの落ちない2時間25分44秒。力強い走りでした。

2位には何と市民ランナーの吉田香織選手(ランナーズパルス)が2時間28分43秒で入りました。もともと積水化学や資生堂といった実業団で活躍した選手ですが、市民ランナーとしてトレーニングを続ける中でのこの結果はびっくり。終盤も39km付近でレベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)をかわして2位に浮上するなど、冷静な走りで粘りを見せ、リオ五輪の選考争いに一番乗り。

4位はベテランの渋井陽子選手(三井住友海上)で2時間31分06秒。このところ、序盤で先頭集団から離れるレースが続いていましたが、今回は28km過ぎまで先頭集団に食らいつき、36km付近でウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)をかわし4位浮上。そのまま4位でフィニッシュしました。

8位には日本人3位で小田切亜希選手(天満屋)が入りました。記録は2時間36分29秒。

スポンサーリンク

順位・記録(8位まで入賞)

  • 1位:アツェデ・バイサ選手(エチオピア)
    2時間25分44秒
  • 2位:吉田香織選手(ランナーズパルス)
    2時間28分43秒
  • 3位:レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)
    2時間29分11秒
  • 4位:渋井陽子選手(三井住友海上)
    2時間31分06秒
  • 5位:ウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)
    2時間32分08秒
  • 6位:メセレク・メルカム選手(エチオピア)
    2時間33分59秒
  • 7位:ナスタシア・イバノバ選手(ベラルーシ)
    2時間35分23秒
  • 8位:小田切亜希選手(天満屋)
    2時間36分29秒
  • フィニッシュ、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)が2時間25分44秒でさいたま国際マラソン初代女王に!2位が吉田香織選手(ランナーズパルス)で2時間28分43秒、3位レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)。
  • 40km、先頭アツェデ・バイサ選手(エチオピア)が2時間18分24秒で通過。2位が2分14秒差で吉田香織選手(ランナーズパルス)、3位レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)。
  • 39km過ぎ、2位に浮上した吉田香織選手(ランナーズパルス)がレベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)を少しづつ引き離している。
  • 39km付近、吉田香織選手(ランナーズパルス)が2位のレベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)に追いついた。
  • 37km付近、3位の吉田香織選手(ランナーズパルス)が2位のレベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)との差を7秒までつめてきた。
  • 36km付近、渋井陽子選手(三井住友海上)がウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)をかわし4位浮上。
  • 36km付近、3位の吉田香織選手(ランナーズパルス)が2位のレベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)を11秒差までつめてきている。
  • 35kmを先頭のアツェデ・バイサ選手(エチオピア)が2時間1分35秒で通過。2位が35秒差でレベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)。3位が2位と18秒差で吉田香織選手(ランナーズパルス)。
  • 32km過ぎ、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)が先頭に。レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)が遅れはじめた。3位は吉田香織選手(ランナーズパルス)。
  • 32km手前、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)、レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)の2人が先頭。3位の吉田香織選手(ランナーズパルス)との差が開いてきた。
  • 30km過ぎ、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)、レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)の2人が先頭に出た。吉田香織選手(ランナーズパルス)が少し遅れはじめた。
  • 30kmを1時間44分38秒で通過、吉田香織選手(ランナーズパルス)、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)、レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)の3人が先頭。
  • 29km過ぎ、吉田香織選手(ランナーズパルス)、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)、レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)の3人が先頭。少し離れて渋井陽子選手(三井住友海上)、ウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)。メセレク・メルカム選手(エチオピア)は完全に脱落。
  • 28km過ぎ、吉田香織選手(ランナーズパルス)、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)、レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)の先頭3人に渋井陽子選手(三井住友海上)がまた追いついてきている。
  • 28km過ぎ、渋井陽子選手(三井住友海上)、メルカム選手(エチオピア)、ケバソ選手(ニトリ/ケニア)が先頭集団から遅れ始めた。
  • 28km手前。給水のタイミングで渋井陽子選手(三井住友海上)、ウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)が遅れかけたが戻った。
  • 25kmを1時間26分51秒で通過。吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)が先頭集団の6人に残っている。
  • 22km過ぎ、小田切亜希選手(天満屋)がキベト選手(ケニア)をかわし9位浮上。序盤からイーブンペースで淡々と刻んできて、後方から順位を上げてきている。
  • 21.5km付近、小田切亜希選手(天満屋)が中里麗美選手(ニトリ)をかわし10位浮上。日本人選手では3位。
  • 中間点を1時間13分12秒で通過。先頭集団は変わらず吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)ら6人。渋井陽子選手が最後尾で少し苦しいか。
  • 20kmを1時間9分21秒で通過。先頭集団は変わらず吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)ら6人。吉田香織選手(ランナーズパルス)はスペシャルドリンクを取れなかった。
  • 16km過ぎ、先頭集団に残っている吉田香織選手(ランナーズパルス)は非常に落ち着いた走り。渋井陽子選手(三井住友海上)も積極的なレースを展開。
  • 15km通過時点で先頭集団の後ろ、10位が中里麗美選手(ニトリ)、11位小田切亜希選手(天満屋)。
  • 15kmを51分57秒で通過、先頭集団は吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)ら6人。15kmで早くも6人に絞られる過酷なサバイバルレースになっている。
  • 14km手前、先頭集団は6人。吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)、アツェデ・バイサ選手(エチオピア)、ウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)、メセレク・メルカム選手(エチオピア)、レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)。
  • 10km過ぎ、シルビアジェビウォット・キベト選手(ケニア)、アスカレ・タファ選手(エチオピア)の2選手が先頭集団から脱落。先頭集団は早くも6人に絞られた。
  • 10kmを34分38秒で通過。先頭集団は8人。日本人選手は吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)の二人。
  • 8km過ぎ、先頭集団は8人。日本人選手は吉田香織選手(ランナーズパルス)、渋井陽子選手(三井住友海上)の二人。
  • 6km過ぎ、先頭集団は8人。中里麗美選手(ニトリ)は15秒ほど遅れた。
  • 5kmを17分27秒で通過。給水後のタイミングで中里麗美選手(ニトリ)が先頭集団から少し遅れはじめた。
  • 4km手前、先頭集団11人中、日本人選手は3人。渋井陽子選手(三井住友海上)、中里麗美選手(ニトリ)、吉田香織選手(ランナーズパルス)。
  • 3knを10分31秒で通過。少しペースが上がった。
  • 2km過ぎ、小田切亜希選手(天満屋)は先頭集団11人から少し遅れて13位。
  • 2km過ぎ、渋井陽子選手(三井住友海上)、中里麗美選手(ニトリ)ら先頭集団は11人。
  • 1kmの入りは3分38秒とかなりのスローペース。
  • 第1回「さいたま国際マラソン 2015」がスタートしました!
  • まもなくスタート。

開催日程、テレビ放送予定(第1回 さいたま国際マラソン 2015)

開催日程

  • 2015年11月15日(日)競技スタート 9:10(日本代表チャレンジャーの部)
  • コース:さいたまスーパーアリーナ発着(42.195km)

テレビ放送予定(日本テレビ/地上波)

  • 2015年11月15日(日)
    あさ9:00~11:50(全国生中継/日本代表チャレンジャーの部)

テレビ放送予定(テレビ埼玉/地上波)

  • 2015年11月15日(日)
    ひる12:00~14:00(生中継/一般(サブ4)の部)

テレビ放送予定(日テレジータス/CS放送)

  • 2015年11月29日(日)
    13:30~18:30(フルマラソン全員のフィニッシュ見せます)

【日テレジータスの視聴方法】
スカパー!ケーブルテレビひかりTVauひかりのいずれかに加入すれば視聴することが出来ます。

参照

招待選手

海外招待選手(女子)

  • ルーシーワゴイ・カブー選手(ケニア)
    自己ベスト:2時間19分34秒(2012年 ドバイ)
  • アスカレ・タファ選手(エチオピア)
    自己ベスト:2時間21分31秒(2008年 ベルリン)
  • アツェデ・バイサ選手(エチオピア)
    自己ベスト:2時間22分03秒(2012年 シカゴ)
  • タチアナ・アルヒポワ選手(ロシア)
    自己ベスト:2時間23分29秒(2012年 ロンドン五輪)
  • レベッカカンゴゴ・チェシャイアー選手(ケニア)
    自己ベスト:2時間25分22秒(2015年 ドバイ)
  • シルビアジェビウォット・キベト選手(ケニア)
    自己ベスト:2時間26分16秒(2015年 ハンブルク)
  • ナスタシア・イバノバ選手(ベラルーシ)
    自己ベスト:2時間27分24秒(2012年 デュッセルドルフ)
  • ラサ・ドラツダウスカイテ選手(リトアニア)
    自己ベスト:2時間29分29秒(2012年 ロンドン五輪)
  • アグニエシュカ・ミエジェイエフスカ選手(ポーランド)
    自己ベスト:2時間30分55秒(2015年 ウッチ)

国内招待選手(女子)

  • 渋井陽子選手(三井住友海上)
    自己ベスト:2時間19分41秒(2004年 ベルリン)
  • 中里麗美選手(ニトリ)
    自己ベスト:2時間24分28秒(2012年 名古屋)
  • 那須川瑞穂選手(ユニバーサルエンターテインメント)
    自己ベスト:2時間25分38秒(2009年 東京)
  • 吉田香織選手(ランナーズパルス)
    自己ベスト:2時間29分45秒(2010年 シカゴ)
  • 小田切亜希選手(天満屋)
    自己ベスト:2時間30分24秒(2015年 名古屋)
  • 古瀬麻美選手(京セラ)
    自己ベスト:2時間30分57秒(2013年 名古屋)
  • ウィンフリーダモチャチェ・ケバソ選手(ニトリ/ケニア)
    自己ベスト:2時間45分00秒(2015年 北海道)
参照

2014-2015シーズン(平成27年度)
主要な駅伝・マラソン・陸上競技大会の開催予定

備考(中止情報等)
参照

 - マラソン, 陸上 , , ,

スポンサーリンク

  関連記事

「富士山女子駅伝 2017」テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|第12回 全日本大学女子選抜駅伝 2017年12月30日(土)開催

1年を締めくくる大学女子駅伝「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝)」。201 …

第90回箱根駅伝

放送予定 日時(往路):2014年1月2日(木)午前7:00~ 日時(復路):2 …

【全日本実業団陸上 2015】日程、テレビ放送予定、注目選手、レース結果(順位・記録)|第63回 9月25日(金)~27日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「全日本実業団陸上(全日本実業団対抗陸 …

「ちばアクアラインマラソン2014」日程、テレビ放送予定、ハーフに川内優輝選手が出場予定

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた「ちばアクアラインマラソン」の記事です …

【びわ湖毎日マラソン 2016】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手・一般参加の注目選手・ペースメーカー(前田和浩、中本健太郎、川内優輝、柏原竜二、窪田忍、設楽悠太ほか)|第71回 3月6日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「びわ湖毎日マラソン」の記事です。20 …

【北海道マラソン 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手|8月30日(日)開催

夏に行われる国内のマラソンとしては最大規模のマラソン「北海道マラソン」。オリンピ …

「出雲駅伝 2017」テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第29回 出雲全日本大学選抜駅伝競走 2017年10月9日(月・祝)開催

今シーズンの男子大学駅伝、最初のレース「出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)」 …

【日光いろは坂女子駅伝 2015】レース結果(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム、レース予想、エントリー、区間オーダー(予定)|第2回 11月29日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「日光いろは坂女子駅伝」の記事です。2 …

【大阪国際女子マラソン 2016】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手・ネクストヒロイン枠・ペースメーカー(重友梨佐、福士加代子、渡邊裕子、福内櫻子ほか)|第35回 1月31日(日)開催 2016リオ五輪・代表選考レース

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「大阪国際女子マラソン」の記事です。2 …

2014年11月9日「第30回東日本女子駅伝」結果速報、テレビ放送予定、出場チーム、区間エントリー、注目選手

この記事の目次1 結果速報1.1 最終結果1.2 区間賞1.3 レース展開1.3 …