スポーツTV中継メモ

各種スポーツテレビ中継の放送予定やチケット情報などをメモっていきます

「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2017」のテレビ放送・中継予定は?招待選手・主な一般選手(岩出玲亜、大迫傑、村山謙太・紘太、設楽啓太・悠太、神野大地ら)、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第71回 2017年2月5日(日)開催

      2017/02/06

スポンサーリンク

国内屈指の高速コースといわれる「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」。2017年2月5日(日)午前10:35スタートとなる「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」の模様は「BSフジ(全国)」と「OHK岡山放送(岡山・香川エリア)」で午前10:30からテレビ放送(生中継)される予定です。

前回の「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2016」は、男子がゴイトム・キフレ選手(エリトリア)が1時間0分49秒で優勝!2位は惜しくも1秒差のドミニク・ニャイロ選手(ケニア/山梨学院大)で1時間0分50秒。3位は茂木 圭次郎選手(旭化成)で1時間0分54秒。女子はユニス・キルワ選手(バーレーン)が1時間8分6秒で優勝!2位はダイアン・ヌクリ選手(ブルンジ)で1時間9分23秒。3位はイロイス・ウェリングス選手(オーストラリア)で1時間9分29秒。日本人トップは4位に入った安藤 友香(スズキ浜松AC)で1時間10分10秒という結果でした。

駅伝シーズンは終わりですが、こういったハーフマラソンに有力選手や若手有望株の選手が数多く出場します。まだまだ長距離シーズンは終わりませんので、積極的にチェックしていきたいと思っています!

ということで第71回となる2017年「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」の開催日程、テレビ放送・中継予定、招待選手・主な一般選手、レース結果速報(順位・記録)などをまとめました。

スポンサーリンク

レース結果速報(順位・記録)

スポンサーリンク

男子は15km過ぎで抜け出し独走したカルム・ホーキンス(イギリス)が1:00:00で優勝!2位はアツセド・ツェガエ(エチオピア)で1:00:58。3位はなんと高校生ジョエル・ムァゥラ(倉敷高)で1:00:59。

男子の日本人トップは5位の神野 大地(コニカミノルタ)で1:01:04。わりと早い段階から苦しそうな表情を見せ、何度も遅れましたが、そのたびに盛り返し、先行された大迫 傑(Nike ORPJT)を終盤突き放した走りは見事でした。

女子は序盤世界記録を上回るペースで飛び出したユニス・キルワ(バーレーン)が1:08:07で優勝!記録は残念ながら世界記録とはいきませんでした。2位はエイミー・クラッグ(アメリカ)で1:08:27。3位は初ハーフの松﨑 璃子(積水化学)で1:11:04。

【記事の途中ですがちょっとひと休み】
DAZN(ダ・ゾーン)ってご存知ですか?

HuluNetflixみたいなオンライン動画サービスで、スポーツに特化したサービスなんです。

最近、ドコモと提携してDAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)というサービスを2017年2月15日から開始する予定とのこと。

DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)では、通常月額1,750円(税抜)のところをドコモを利用中なら月額980円(税抜)で利用できるそうなので、利用しやすくなりますね!初回申込み限定ですが、初回31日間無料だそうです。

映画・ドラマ・アニメ・音楽が見放題のdTVDAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)のセットも始める予定だそうで、こちらはドコモを利用中なら月額1,280円(税抜)。さらにスポーツや映画・ドラマ・アニメ・音楽を楽しむ機会が増えますし、ご検討してみてはいかがでしょうか?

順位・記録(男子)

  • 1位:カルム・ホーキンス(イギリス)
    1:00:00
  • 2位:アツセド・ツェガエ(エチオピア)
    1:00:58
  • 3位:ジョエル・ムァゥラ(倉敷高)
    1:00:59
  • 4位:アブラハム・キプヤティチ(ケニア)
    1:01:00
  • 5位:神野 大地(コニカミノルタ)
    1:01:04
  • 6位:大迫 傑(Nike ORPJT)
    1:01:13
  • 7位:設楽 悠太(Honda)
    1:01:19
  • 8位:ケネス・キプケモイ(ケニア)
    1:01:27
  • 9位:田村 和希(青山学院大)
    1:01:56
  • 10位:ジョナサン・ディク(日立物流)
    1:02:07
  • 11位:市田 孝(旭化成)
    1:02:23
  • 12位:川端 千都(東海大)
    1:02:23
  • 13位:押川 裕貴(トヨタ自動車九州)
    1:02:24
  • 14位:片西 景(駒澤大)
    1:02:31
  • 15位:其田 健也(JR東日本)
    1:02:32
  • 16位:田口 雅也(Honda)
    1:02:33
  • 17位:伊藤 和麻(住友電工)
    1:02:34
  • 18位:髙久 龍(ヤクルト)
    1:02:34
  • 19位:上野 渉(Honda)
    1:02:35
  • 20位:堀合 修平(愛三工業)
    1:02:35
  • 21位:西山 雄介(駒澤大)
    1:02:37
  • 22位:永戸 聖(山梨学院大)
    1:02:37
  • 23位:野口 拓也(コニカミノルタ)
    1:02:37
  • 24位:寺田 夏生(JR東日本)
    1:02:37
  • 25位:國行 麗央(東海大)
    1:02:39

「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2017」の25位以降の順位・記録(男子)はこちらから見ることが出来ます。

順位・記録(女子)

  • 1位:ユニス・キルワ(バーレーン)
    1:08:07
  • 2位:エイミー・クラッグ(アメリカ)
    1:08:27
  • 3位:松﨑 璃子(積水化学)
    1:11:04
  • 4位:清水 美穂選手(ホクレン)
    1:11:07
  • 5位:森 智香子(積水化学)
    1:11:40
  • 6位:早川 英里選手(TOTO)
    1:11:43
  • 7位:イロイス・ウェリングス(オーストラリア)
    1:12:30
  • 8位:中村 萌乃(ユニバーサルエンターテインメント)
    1:13:35
  • 9位:宇都宮 亜未(キヤノンAC九州)
    1:13:39
  • 10位:下門 美春(しまむら)
    1:13:41
  • 11位:松山 芽生(ノーリツ)
    1:13:50
  • 12位:ケリース・アリアス(コロンビア)
    1:13:54
  • 13位:米津 利奈(今治造船)
    1:14:58
  • 14位:永尾 薫(浦安市陸協)
    1:16:09
  • 15位:田山 絵理(日立)
    1:16:10
  • 16位:Beck Victoria(オーストラリア)
    1:16:16
  • 17位:渡邉 喜恵(スズキ浜松AC)
    1:16:27
  • 18位:曹 純玉(台湾)
    1:16:45
  • 19位:後藤 みのり(キャノンAC九州)
    1:16:52
  • 20位:海野 佳那(ノーリツ)
    1:17:39
  • 21位:謝 千鶴(台湾)
    1:17:44
  • 22位:新立 啓乃(ノーリツ)
    1:18:02
  • 23位:菊池 理沙(日立)
    1:18:12
  • 24位:新山 美帆(キャノンAC九州)
    1:18:25
  • 25位:古川 夏海(キャノンAC九州)
    1:19:22

「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2017」の25位以降の順位・記録(女子)はこちらから見ることが出来ます。

レース展開

  • フィニッシュ、女子はユニス・キルワ(バーレーン)が1時間8分7秒で優勝!2位はエイミー・クラッグ(アメリカ)。
  • フィニッシュ、神野 大地(コニカミノルタ)が5位で日本人トップ。6位が大迫 傑(Nike ORPJT)。7位が設楽 悠太(Honda)。
  • フィニッシュ、カルム・ホーキンス(イギリス)が1時間0分0秒で優勝!2位がアツセド・ツェガエ(エチオピア)、3位がジョエル・ムァゥラ(倉敷高)。
  • 20km、3位集団アツセド・ツェガエ(エチオピア)、ジョエル・ムァゥラ(倉敷高)、神野 大地(コニカミノルタ)が57分50秒ほどで通過。
  • 20km、先頭はカルム・ホーキンス(イギリス)56分54秒ほどで通過。
  • 19km過ぎ、先頭がホーキンス、2位キプヤティチ、3位集団ツェガエ、ムァゥラ、神野、6位大迫、7位争いがキプケモイ、設楽悠。
  • 18km過ぎ、3位集団アツセド・ツェガエ(エチオピア)、ジョエル・ムァゥラ(倉敷高)、神野 大地(コニカミノルタ)から大迫 傑(Nike ORPJT)が遅れた。
  • 17.5km過ぎ、4位集団アツセド・ツェガエ(エチオピア)、ジョエル・ムァゥラ(倉敷高)、大迫 傑(Nike ORPJT)に神野 大地(コニカミノルタ)が戻った。
  • 16km過ぎ、カルム・ホーキンス(イギリス)が独走。日本人トップ争いは大迫 傑(Nike ORPJT)が前に。神野 大地(コニカミノルタ)は少し離れた。
  • 15km過ぎ、先頭争いに変化。カルム・ホーキンス(イギリス)が前に出て、アブラハム・キプヤティチ(ケニア)を引き離しはじめた。
  • 15km、先頭50mくらいの差でアツセド・ツェガエ(エチオピア)、ジョナサン・ディク(日立物流)、大迫 傑(Nike ORPJT)、神野 大地(コニカミノルタ)、設楽 悠太(Honda)。42分53秒ほど。日本記録更新を狙えるペース。
  • 15km、先頭争いはカルム・ホーキンス(イギリス)、アブラハム・キプヤティチ(ケニア)の二人。42分37秒ほど。
  • 13km過ぎ、カルム・ホーキンス(イギリス)、アブラハム・キプヤティチ(ケニア)の二人が少し抜けた。少し離れてジョナサン・ディク(日立物流)、大迫 傑(Nike ORPJT)、神野 大地(コニカミノルタ)。
  • 12.5km過ぎ、カルム・ホーキンス(イギリス)、アブラハム・キプヤティチ(ケニア)が前に出た。大迫 傑(Nike ORPJT)、神野 大地(コニカミノルタ)がつく。設楽 悠太(Honda)が少し後ろ。田村 和希(青山学院大)は遅れた。
  • 10km、28分27秒で通過。先頭集団は大迫 傑(Nike ORPJT)、神野 大地(コニカミノルタ)、田村 和希(青山学院大)、設楽 悠太(Honda)ら10人ほど。
  • 9.5km過ぎ、高校生のジョエル・ムァゥラ(倉敷高)がまだ先頭集団に残っている。
  • 9km過ぎ、田村 和希(青山学院大)は先頭集団に戻った。
  • 9km手前、先頭集団から市田 孝(旭化成)が遅れた。田村 和希(青山学院大)も少し遅れだしているか。
  • 7km過ぎ、先頭集団の日本人選手は5人。大迫 傑(Nike ORPJT)、神野 大地(コニカミノルタ)、田村 和希(青山学院大)、市田 孝(旭化成)、設楽 悠太(Honda)。
  • 7km手前、先頭集団は10名ほど。村山 紘太(旭化成)は遅れた。
  • 5km、女子トップのユニス・キルワ(バーレーン)が15分33秒ほどで通過。世界記録を上回るペース。
  • 5km過ぎ、先頭集団には大迫 傑(Nike ORPJT)、神野 大地(コニカミノルタ)、田村 和希(青山学院大)、市田 孝(旭化成)あたりの姿が見える。
  • 5km、14分19秒で通過。
  • 4km手前、アブラハム・キプヤティチ(ケニア)が先頭、集団が少し縦長になってきた。大迫 傑(Nike ORPJT)がついている。
  • 3km過ぎ、女子はユニス・キルワ(バーレーン)が早くも独走。
  • 2km過ぎ、海外勢、アブラハム・キプヤティチ(ケニア)、カルム・ホーキンス(イギリス)あたりが引っ張ってますね。
  • 1km、2分53秒程度で通過。
  • スタート直後、神野 大地(コニカミノルタ)が引っ張っている。
  • 「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2017」スタートしました!
  • まもなくスタート。

開催日程

丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2017(第71回)

テレビ放送・中継

「BSフジ(全国)」と「OHK岡山放送(岡山・香川エリア)」で午前10:30からテレビ放送(生中継)される予定です。

  • 【放送日時】2017年2月5日(日)午前10:30~11:50(Live)

招待選手・主な一般選手

「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2017」の招待選手・主な一般選手はこちらから見ることが出来ます。

女子では、岩出 玲亜選手(ノーリツ)、早川 英里選手(TOTO)、田中 花歩選手(第一生命)、松﨑 璃子選手(積水化学)、清水 美穂選手(ホクレン)あたりが1時間10分を切るタイム、自己ベストでゴールする姿を見てみたいなーなんて思っています。

男子では、何といっても大迫 傑選手(Nike ORPJT)。リオのトラックでは日本人選手では一番可能性を感じました。トラック中心でいくものと思ってましたので、ロードのこのレースに出てくること自体びっくりしたんですが、走る姿を見ることが出来て嬉しい。

また、村山 謙太選手(旭化成)はこの丸亀で自己ベスト1時間00分50秒を出しているので、このタイムの更新を期待したい。同じ旭化成では、今シーズン絶好調の市田 孝選手(旭化成)がハーフではどんな走りを見せてくれるか。

あと、田村 和希選手(青山学院大)、梶谷 瑠哉選手(青山学院大)の青学勢をはじめ、大学生ランナーの活躍も楽しみですね。思わぬ有望ランナーの出現にも期待したいです!

招待選手

女子(海外)

  • ユニス・キルワ(バーレーン)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間08分06秒、マラソン:2時間21分41秒
  • シャレーン・フラナガン(アメリカ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間08分31秒、マラソン:2時間21分14秒
  • イロイス・ウェリングス(オーストラリア)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間09分29秒、10000m:31分14秒94
  • エイミー・クラッグ(アメリカ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間11分19秒、マラソン:2時間27分03秒
  • ケリース・アリアス(コロンビア)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間11分21秒、マラソン:2時間29分36秒

女子(国内)

  • 岩出 玲亜(ノーリツ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間09分45秒
  • ウィンフリーダ・ケバソ(ニトリ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間09分59秒
  • 早川 英里(TOTO)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間10分13秒
  • 田中 花歩(第一生命)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間11分12秒
  • 中村 萌乃(ユニバーサルエンターテインメント)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間11分33秒
  • 下門 美春(しまむら)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間11分48秒
  • 松﨑 璃子(積水化学)
    【自己ベスト】10000m:31分44秒86
  • 渡邉 喜恵(スズキ浜松AC)
    【自己ベスト】5000m:15分58秒53

男子(海外)

  • アツセド・ツェガエ(エチオピア)
    【自己ベスト】ハーフ:58分47秒、10000m:27分28秒11
  • ケネス・キプケモイ(ケニア)
    【自己ベスト】ハーフ:59分01秒、10000m:26分52秒65
  • アブラハム・キプヤティチ(ケニア)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間00分03秒、10km:27分40秒
  • カルム・ホーキンス(イギリス)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間00分24秒、マラソン:2時間10分52秒
  • ファビアノ・スーレ(タンザニア)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間01分19秒

男子(国内)

  • 大迫 傑(Nike ORPJT)
    【自己ベスト】5000m:13分08秒40(日本記録)
  • 宮脇 千博(トヨタ自動車)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間00分53秒
  • 村山 謙太(旭化成)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間00分50秒
  • 村山 紘太(旭化成)
    【自己ベスト】10000m:27分29秒69(日本記録)
  • 設楽 啓太(コニカミノルタ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間01分12秒
  • 神野 大地(コニカミノルタ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間01分21秒
  • 山本 亮(SGホールディングスグループ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間01分54秒
  • 石川 末廣(Honda)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分23秒
  • 松尾 修治(中電工)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分25秒
  • 押川 裕貴(トヨタ自動車九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分30秒
  • 寺田 夏生(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分37秒
  • 岡田 竜治(大塚製薬)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分48秒
  • ベナード・キマニ(ヤクルト)
    【自己ベスト】10000m:27分36秒60
  • 青木 優(カネボウ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分45秒
  • 田村 和希(青山学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分22秒
  • 梶谷 瑠哉(青山学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分12秒
  • 西山 雄介(駒澤大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分43秒
  • 片西 景(駒澤大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分45秒
  • ドミニク・ニャイロ(山梨学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間00分50秒
  • 上田 健太(山梨学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分01秒
  • 塩尻 和也(順天堂大)
    【自己ベスト】10000m:28分32秒85
  • 相澤 晃(東洋大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分05秒
  • 太田 智樹(早稲田大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分48秒
  • 小町 昌矢(日本体育大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分00秒
  • 末次 慶太(明治大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分46秒
  • 國行 麗央(東海大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分46秒

主な一般選手

女子

  • 清水 美穂(ホクレン)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間09分41秒
  • 永尾 薫(浦安市陸協)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間10分32秒
  • 松山 芽生(ノーリツ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間12分58秒
  • 海野 佳那(ノーリツ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間14分31秒
  • 九嶋 映莉子(ノーリツ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間12分28秒
  • 新立 啓乃(ノーリツ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間19分32秒
  • 森 智香子(積水化学)
    【自己ベスト】10000m:33分31秒02
  • 菊池 理沙(日立)
    【自己ベスト】10000m:32分21秒20
  • 田山 絵理(日立)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間12分44秒
  • 関野 茜(今治造船)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間11分17秒
  • 村上 紗梨(今治造船)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間17分45秒
  • 岩川 侑樹(今治造船)
    【自己ベスト】3000m:9分34秒0
  • 米津 利奈(今治造船)
    【自己ベスト】3000m:9分45秒0
  • 下藤 ひとみ(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間12分56秒
  • 川嶋 利佳(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間15分03秒
  • 平井 恵(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間13分21秒
  • 天児 芽実(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間12分49秒
  • 竹上 千咲(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間13分46秒
  • 青木 優子(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】10000m:32分58秒67
  • 後藤 みのり(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間15分03秒
  • 新山 美帆(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間18分09秒
  • 宇都宮 亜未(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間13分59秒
  • 真柄 碧(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】5000m:16分44秒78
  • 古川 夏海(キャノンAC九州)
    【自己ベスト】10km:35分17秒
  • 坂元 えり(肥後銀行)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間16分20秒
  • 松本 彩花(立命館大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間17分53秒
  • 謝 千鶴(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間15分13秒
  • 曹 純玉(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間17分23秒
  • 陳 宇璿(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間20分59秒
  • 張 芷瑄(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間21分11秒
  • 蘇 鳳婷(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間23分47秒

男子

  • 出口 和也(旭化成)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分46秒
  • 市田 孝(旭化成)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分03秒
  • 井上 翔太(トヨタ自動車)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分49秒
  • 野口 拓也(コニカミノルタ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分50秒
  • 田口 大貴(日立物流)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分30秒
  • ジョナサン・ディク(日立物流)
    【自己ベスト】10000m:27分11秒23
  • 飯田 明徳(Honda)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分17秒
  • 齋藤 勇人(Honda)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分00秒
  • 上野 渉(Honda)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分39秒
  • 設楽 悠太(Honda)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間01分48秒
  • 田口 雅也(Honda)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分19秒
  • 佐護 啓補(安川電機)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分54秒
  • 中村 悠二(愛知製鋼)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分02秒
  • 淀川 弦太(愛三工業)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分27秒
  • 堀合 修平(愛三工業)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分15秒
  • 代田 修平(カネボウ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分36秒
  • 文元 慧(カネボウ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分56秒
  • 高田 千春(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分22秒
  • 田村 英晃(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分37秒
  • 堂本 尚寛(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分22秒
  • 加藤 光(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分40秒
  • 其田 健也(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分20秒
  • 荻野 眞乃介(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分58秒
  • 廣川 倖暉(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分54秒
  • 有井 渉(JR東日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分46秒
  • 糟谷 悟(トヨタ紡織)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分40秒
  • 塩田 好彬(トヨタ紡織)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分13秒
  • 中川 瞭(トヨタ紡織)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分45秒
  • 関戸 雅輝(NTT西日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分58秒
  • 小澤 一真(NTT西日本)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分08秒
  • 小川 雄一朗(NTN)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間01分53秒
  • 長谷川 裕介(NTN)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分59秒
  • 吉村 光希(NTN)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分25秒
  • 小山 陽平(NTN)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分39秒
  • 髙久 龍(ヤクルト)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分00秒
  • 山川 雄大(大塚製薬)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分36秒
  • 佐久間 祥(小森コーポレーション)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分11秒
  • 沖守 怜(SGホールディングスグループ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分51秒
  • 坂本 智史(プレス工業)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分11秒
  • 福島 弘将(プレス工業)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分28秒
  • 山田 翔太(プレス工業)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分57秒
  • 塩谷 桂大(SUBARU)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分11秒
  • 牧野 俊紀(中電工)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分47秒
  • 大﨑 翔也(中電工)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分16秒
  • 伊藤 和麻(住友電工)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分14秒
  • 高田 康暉(住友電工)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分02秒
  • 大橋 秀星(ラフィネ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分27秒
  • 森橋 完介(ラフィネ)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分06秒
  • 森川 翔平(山陽特殊製鋼)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分28秒
  • 熊橋 弘将(山陽特殊製鋼)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分22秒
  • 髙田 大樹(山陽特殊製鋼)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分26秒
  • 山口 修(山陽特殊製鋼)
    【自己ベスト】5000m:14分32秒41
  • 合田 佳功(NTT東京)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分40秒
  • 村山 知之(今治造船)
     
  • 張 嘉哲(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分55秒
  • 周 庭印(台湾)
     
  • 鄭 新詮(台湾)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分58秒
  • 藤原 滋記(早稲田大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分23秒
  • 光延 誠(早稲田大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分44秒
  • 橋本 龍一(順天堂大)
    【自己ベスト】10000m:29分55秒74
  • 栃木 渡(順天堂大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分00秒
  • 野田 一輝(順天堂大)
    【自己ベスト】10000m:29分00秒06
  • 大森 澪(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分47秒
  • 新井 翔理(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分35秒
  • 細谷 恭平(中央学院大)
    【自己ベスト】10000m:29分25秒49
  • 廣 佳樹(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分55秒
  • 市山 翼(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分31秒
  • 福岡 海統(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分47秒
  • 光武 洋(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分06秒
  • 横川 巧(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分05秒
  • 高砂 大地(中央学院大)
    【自己ベスト】10000m:28分54秒13
  • 藤田 大智(中央学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分00秒
  • 城越 勇星(日本体育大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分20秒
  • 辻野 恭哉(日本体育大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分59秒
  • 富安 央(日本体育大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分33秒
  • 吉田 亮壱(日本体育大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分02秒
  • 春日 千速(東海大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分10秒
  • 川端 千都(東海大)
    【自己ベスト】20km:1時間00分14秒
  • 郡司 陽大(東海大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分34秒
  • 河野 遥伎(東海大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分28秒
  • 大山 憲明(創価大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分43秒
  • 市谷 龍太郎(山梨学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分31秒
  • 河村 知樹(山梨学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分50秒
  • 永戸 聖(山梨学院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分01秒
  • 畑中 大輝(國學院大)
    【自己ベスト】20km:1時間00分48秒
  • 内田 健太(國學院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分55秒
  • 國澤 優志(國學院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分05秒
  • 向 晃平(國學院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分30秒
  • 渡邉 貴(國學院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分07秒
  • 芹澤 昭紀(國學院大)
    【自己ベスト】10マイル:48分36秒
  • 青木 祐人(國學院大)
    【自己ベスト】10マイル:48分45秒
  • 浦野 雄平(國學院大)
    【自己ベスト】20km:1時間01分51秒
  • 土方 英和(國學院大)
    【自己ベスト】20km:1時間01分25秒
  • 蜂須賀 源(國學院大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分26秒
  • 川口 賢人(日本大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分31秒
  • 岡野 佑輝(日本大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間06分47秒
  • 石垣 陽介(日本大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分31秒
  • 松木 之衣(日本大)
    【自己ベスト】10000m:29分48秒47
  • 村田 誠児(日本大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分10秒
  • 太田黒 卓(上武大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分48秒
  • 三輪 軌道(明治大)
    【自己ベスト】20km:1時間01分13秒
  • 東島 清純(明治大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分58秒
  • 磯口 晋平(明治大)
    【自己ベスト】20km:1時間00分53秒
  • 八巻 雄飛(国士舘大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分43秒
  • 住吉 秀昭(国士舘大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分53秒
  • 戸澤 奨(国士舘大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間04分22秒
  • 多喜端 夕貴(国士舘大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分37秒
  • 竹内 大地(中央大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分30秒
  • 舟津 彰馬(中央大)
     
  • 二井 康介(中央大)
     
  • 中山 顕(中央大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分06秒
  • 町澤 大雅(中央大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間02分52秒
  • 菅 真大(城西大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分59秒
  • 酒井 雅喜(城西大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分55秒
  • 山本 竜也(城西大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分55秒
  • 金子 元気(城西大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分32秒
  • 加藤 風磨(亜細亜大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分15秒
  • 佐々木 直人(亜細亜大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間06分29秒
  • 関根 諒(亜細亜大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分46秒
  • 古川 舜(亜細亜大)
    【自己ベスト】10000m:30分02秒40
  • 上土井 雅大(亜細亜大)
    【自己ベスト】10000m:30分40秒39
  • 小山 直城(東京農業大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分54秒
  • 瀬戸口 凌(東京農業大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間06分08秒
  • 風岡 永吉(専修大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間03分45秒
  • 宮尾 佳輔(専修大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分58秒
  • 川平 浩之(専修大)
     
  • 佐藤 雄基(専修大)
    【自己ベスト】20km:1時間02分11秒
  • 矢澤 明徳(専修大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分08秒
  • 塚原 淳之(専修大)
    【自己ベスト】10000m:30分40秒0
  • 横山 絢史(専修大)
    【自己ベスト】10000m:30分49秒0
  • 藤井 健吾(専修大)
    【自己ベスト】20km:1時間01分57秒
  • 和田 照也(専修大)
     
  • 吉成 祐人(筑波大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分33秒
  • 河野 誉(筑波大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分19秒
  • 武田 勇美(筑波大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分51秒
  • 森田 佳祐(筑波大)
    【自己ベスト】10000m:29分26秒0
  • 藤村 穣(麗澤大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分10秒
  • 田中 匠(麗澤大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分28秒
  • 市川 駿(麗澤大)
     
  • 国川 恭朗(麗澤大)
    【自己ベスト】10000m:30分38秒0
  • 宮田 僚(麗澤大)
    【自己ベスト】10000m:31分10秒0
  • イ・ジョングク(建国大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間08分00秒
  • キム・テジン(建国大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間05分27秒
  • ジョ・ジュンヘン(建国大)
     
  • パク・スンホ(建国大)
     
  • カン・スンボク(建国大)
    【自己ベスト】ハーフ:1時間07分13秒
  • 大沼 優(広島経済大)
     
  • 山本 啓補(広島経済大)
     

過去の「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」の記事

前回の「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」のレース概要

詳細(順位・記録など)は「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)2016」の記事にまとめてありますが、レース概要だけざっとご紹介します。

前回は、男子がゴイトム・キフレ選手(エリトリア)が1時間0分49秒で優勝!2位は惜しくも1秒差のドミニク・ニャイロ選手(ケニア/山梨学院大)で1時間0分50秒。3位は茂木 圭次郎選手(旭化成)で1時間0分54秒。

女子はユニス・キルワ選手(バーレーン)が1時間8分6秒で優勝!2位はダイアン・ヌクリ選手(ブルンジ)で1時間9分23秒。3位はイロイス・ウェリングス選手(オーストラリア)で1時間9分29秒。日本人トップは4位に入った安藤 友香(スズキ浜松AC)で1時間10分10秒という結果でした。

参照

2016-2017シーズン(平成28年度)
主要な駅伝・マラソン・陸上競技大会の開催予定

参照

 - マラソン, 陸上 , , , , , , , , , , , ,

スポンサーリンク

  関連記事

【別府大分毎日マラソン2015】レース結果(順位/記録)、テレビ放送予定、招待選手/注目選手(一般参加)|2月1日(日)開催(第64回)

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「別大マラソン(別府大分毎日マラソン) …

「さいたま国際マラソン 2017」のテレビ放送・中継予定は?招待選手、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第3回 2017年11月12日(日)開催

東京国際女子マラソンの後継として始まった横浜国際女子マラソンは2014年で開催終 …

「神戸マラソン 2016」のテレビ放送・中継予定、招待選手、レース結果など情報まとめ|第6回 2016年11月20日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「神戸マラソン」の記事です。2017年 …

「全日本大学駅伝 2017」テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第49回 伊勢駅伝 2017年11月5日(日)開催

伊勢路を舞台に男子大学駅伝・日本一を決める大会「全日本大学駅伝(伊勢駅伝)」。2 …

「日光いろは坂女子駅伝 2017」テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|第4回 2017年11月26日(日)開催

年末の富士山女子駅伝の前哨戦とも言える大学女子駅伝「日光いろは坂女子駅伝」。20 …

箱根駅伝 2018「予選会」(2017年開催)テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第94回 東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 2017年10月14日(土)開催

正月の国民的イベントといえば箱根駅伝。第94回となる2018年の箱根駅伝ですが、 …

【第69回 福岡国際マラソン 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手(川内優輝、小林光二、佐々木悟、キメット、マカウ、マサシ、バトオチル、ギタウ)|12月6日(日)開催、リオ五輪・男子マラソン代表選考レース

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「福岡国際マラソン」の記事です。201 …

【香川丸亀国際ハーフマラソン2015】レース結果(順位/記録)、テレビ放送予定、招待選手、一般参加の注目選手(菊地賢人、設楽啓太、村澤明伸、藤原新、神野大地、一色恭志、井上大仁、中村匠吾、三浦雅裕、横手健、設楽悠太)|2月1日(日)開催(第69回)

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソ …

2014年11月9日「第30回東日本女子駅伝」結果速報、テレビ放送予定、出場チーム、区間エントリー、注目選手

この記事の目次1 結果速報1.1 最終結果1.2 区間賞1.3 レース展開1.3 …

【全国高校駅伝2014女子】結果速報、テレビ放送予定、出場チーム|12月21日(日)開催(平成26年度、第26回)

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた「全国高校駅伝(女子)」の記事です。2 …