スポーツTV中継メモ

各種スポーツテレビ中継の放送予定やチケット情報などをメモっていきます

【香川丸亀国際ハーフマラソン 2016】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手、一般参加の注目選手(宇賀地強、菊地賢人、佐藤悠基、藤原新、大六野秀畝、田村和希、工藤有生、設楽啓太、村澤明伸ほか)|第70回 2月7日(日)開催

      2017/01/27

【お知らせ】
当記事は2016年に行われた「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」の記事です。2017年の「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソン)」の記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

国内屈指の高速コースといわれる「香川丸亀国際ハーフマラソン」、今年は2016年2月7日(日)に開催。午前10:35にスタートするその模様は、BSフジ(全国)、OHK岡山放送(岡山・香川エリア)で午前10:30から放送(生中継)予定です。

ちなみに女子ハーフマラソン日本記録は、先日行われた大阪国際女子マラソン 2016を好記録で制した福士加代子選手(ワコール)が、ここ丸亀で出しています。

昨年の香川丸亀国際ハーフマラソン 2015では、男子はポール・クイラ選手(コニカミノルタ)が59分47秒で優勝。2位のゼーン・ロバートソン選手(ニュージーランド)59分47秒を含め、上位二人が1時間を切る高速レースでした。日本人では菊地賢人選手(コニカミノルタ)が1時間00分57秒で7位、設楽啓太選手(コニカミノルタ)が1時間01分20秒で8位、神野大地選手(青山学院大)が1時間01分21秒で9位、横手健選手(明治大)が1時間01分37秒が10位。女子はイロイス・ウェリングス選手(オーストラリア)が1時間10分41秒で優勝。清田真央選手(スズキ浜松AC)が1時間10分59秒で2位、水口侑子選手(デンソー)が1時間11分03秒で3位。

若手の注目株が毎年数多く参加するこの大会。2020年の東京オリンピックに向けて応援したい選手を探すには絶好の機会です。見逃せませんね!

ということで第70回(2016年)「香川丸亀国際ハーフマラソン」の開催日程、テレビ放送予定、招待選手、一般参加の注目選手などをまとめました。

スポンサーリンク

レース結果速報(順位・記録)

順位・記録(男子)

  • 1位:ゴイトム・キフレ(エリトリア)
    1:00:49
  • 2位:ドミニク・ニャイロ(ケニア/山梨学院大)
    1:00:50
  • 3位:茂木 圭次郎(旭化成)
    1:00:54
  • 4位:ファビアノ・スーレ(タンザニア)
    1:01:19
  • 5位:中谷 圭佑(駒澤大)
    1:01:21
  • 6位:工藤 有生(駒澤大)
    1:01:25
  • 7位:大六野 秀畝(旭化成)
    1:01:32
  • 8位:藤本 拓(トヨタ自動車)
    1:01:51
  • 9位:設楽 啓太(コニカミノルタ)
    1:01:54
  • 10位:廣末 香(トヨタ自動車九州)
    1:01:58

11以降はこちらから見ることが出来ます。

スポンサーリンク

順位・記録(女子)

  • 1位:ユニス・キルワ(バーレーン)
    1:08:06
  • 2位:ダイアン・ヌクリ(ブルンジ)
    1:09:23
  • 3位:イロイス・ウェリングス(オーストラリア)
    1:09:29
  • 4位:安藤 友香(スズキ浜松AC)
    1:10:10
  • 5位:小原 怜(天満屋)
    1:10:42
  • 6位:高山 琴海(シスメックス)
    1:11:14
  • 7位:関野 茜(今治造船)
    1:11:17
  • 8位:中村 萌乃(ユニバーサルエンターテインメント)
    1:11:33
  • 9位:赤坂 よもぎ(名城大)
    1:11:41
  • 10位:大貫 真実(シスメックス)
    1:12:03

11以降はこちらから見ることが出来ます。

開催日程、テレビ放送予定(第70回 香川丸亀国際ハーフマラソン 2016)

開催日程

  • 2016年2月7日(日)競技スタート 午前10:35
  • コース:香川県立丸亀競技場付属ハーフマラソンコース(21.0975km)
    コース図は、こちらから見ることが出来ます。

テレビ放送予定(BSフジ/OHK岡山放送)

  • 2016年2月7日(日)
    午前10:30~11:50(生中継)
    ※OHK岡山放送では深夜1:40~3:00に再放送
参照

招待選手・一般参加の注目選手

海外招待選手(女子)

  • ユニス・キルワ(バーレーン)
    自己ベスト:1時間08分31秒
  • アンナ・インチェルティ(イタリア)
    自己ベスト:1時間08分18秒
  • ダイアン・ヌクリ(ブルンジ)
    自己ベスト:1時間09分12秒
  • イロイス・ウェリングス(オーストラリア)
    自己ベスト:1時間09分56秒
  • ナタシャ・ウォダク(カナダ)
    自己ベスト:1時間11分20秒

国内招待選手(女子)

  • 小原 怜(天満屋)
    自己ベスト:1時間09分17秒
  • 安藤 友香(スズキ浜松AC)
    自己ベスト:1時間09分51秒
  • 高山 琴海(シスメックス)
    自己ベスト:1時間10分47秒
  • 樋口 紀子(ワコール)
    自己ベスト:1時間10分51秒
  • 奥野 有紀子(資生堂)
    自己ベスト:1時間11分28秒
  • 松山 芽生(ノーリツ)
    自己ベスト:1時間13分21秒
  • 水口 侑子(デンソー)
    自己ベスト:1時間11分03秒
  • 関野 茜(今治造船)
    自己ベスト:1時間14分47秒
  • 中村 萌乃(ユニバーサルエンターテインメント)
    自己ベスト:15分36秒10 ※5000m
  • 上原 明悠美(松山大)
    自己ベスト:1時間11分19秒
  • 湯澤 ほのか(名城大)
    自己ベスト:1時間13分41秒

一般参加の注目選手(女子)

  • 扇 まどか(十八銀行)
    自己ベスト:1時間10分11秒
  • 新宅 里香(しまむら)
    自己ベスト:1時間11分23秒
  • 大貫 真実(シスメックス)
    自己ベスト:1時間11分37秒
  • 小田切 亜希(天満屋)
    自己ベスト:1時間11分43秒
  • 古谷 奏(松山大)
    自己ベスト:33分02秒98 ※10000m

海外招待選手(男子)

  • イマネ・ツェガエ(エチオピア)
    自己ベスト:1時間01分37秒
  • ゴイトム・キフレ(エリトリア)
    自己ベスト:1時間00分20秒
  • コリス・バーミンガム(オーストラリア)
    自己ベスト:1時間00分56秒
  • ファビアノ・スーレ(タンザニア)
    自己ベスト:1時間01分21秒

国内招待選手(男子)

  • 宇賀地 強(コニカミノルタ)
    自己ベスト:1時間00分58秒
  • 菊地 賢人(コニカミノルタ)
    自己ベスト:1時間00分32秒
  • 佐藤 悠基(日清食品グループ)
    自己ベスト:27分38秒25 ※10000m
  • 藤本 拓(トヨタ自動車)
    自己ベスト:1時間01分31秒
  • 藤原 新(ミキハウス)
    自己ベスト:1時間01分34秒
  • 五十嵐 祐太(JR東日本)
    自己ベスト:1時間01分46秒
  • 松藤 大輔(カネボウ)
    自己ベスト:1時間01分46秒
  • 山本 憲二(マツダ)
    自己ベスト:1時間01分47秒
  • 山本 亮(SGホールディングス)
    自己ベスト:1時間01分47秒
  • 中尾 勇生(スズキ浜松AC)
    自己ベスト:1時間02分00秒
  • 大六野 秀畝(旭化成)
    自己ベスト:1時間02分19秒
  • 石川 末廣(Honda)
    自己ベスト:1時間02分23秒
  • 高嶺 秀仁(富士通)
    自己ベスト:1時間02分42秒
  • 室田 祐司(JFEスチール)
    自己ベスト:1時間03分00秒
  • 定方 俊樹(MHPS長崎)
    自己ベスト:1時間03分18秒
  • 小山 大介(中電工)
    自己ベスト:1時間03分22秒
  • 三岡 大樹(大塚製薬)
    自己ベスト:1時間04分16秒
  • 秋山 雄飛(青山学院大)
    自己ベスト:1時間04分00秒
  • 田村 和希(青山学院大)
    自己ベスト:1時間02分22秒
  • 中谷 圭佑(駒澤大)
    自己ベスト:1時間04分46秒
  • 工藤 有生(駒澤大)
    自己ベスト:1時間02分12秒
  • ドミニク・ニャイロ(山梨学院大)
    28分11秒00 ※10000m
  • 佐藤 孝哉(山梨学院大)
    自己ベスト:1時間03分12秒
  • 白吉 凌(東海大)
    自己ベスト:1時間02分16秒
  • 塩谷 桂大(中央学院大)
    自己ベスト:1時間02分17秒
  • 石川 颯真(日本大)
    自己ベスト:1時間02分46秒
  • 小町 昌矢(日本体育大)
    自己ベスト:28分48秒75 ※10000m
  • 中舎 優也(城西大)
    自己ベスト:1時間03分28秒
  • 江頭 賢太郎(明治大)
    自己ベスト:1時間03分42秒
  • 栃木 渡(順天堂大)
    自己ベスト:1時間03分56秒
  • 加藤 勇也(帝京大)
    自己ベスト:1時間03分56秒
  • 坂田 昌駿(法政大)
    自己ベスト:1時間05分17秒
  • 永山 博基(早稲田大)
    自己ベスト:1時間05分44秒
  • 福田 瑠楓(東京国際大)
    自己ベスト:1時間01分55秒 ※20km

一般参加の注目選手(男子)

  • 設楽 啓太(コニカミノルタ)
    自己ベスト:1時間01分12秒
  • 撹上 宏光(コニカミノルタ)
    自己ベスト:1時間01分56秒
  • 村澤 明伸(日清食品グループ)
    自己ベスト:27分50秒59 ※10000m
  • 矢野 圭吾(日清食品グループ)
    自己ベスト:1時間02分38秒
  • セルオド・バトオチル(NTN)
    自己ベスト:1時間03分32秒
  • 小川 雄一朗(NTN)
    自己ベスト:1時間01分53秒
  • 高林 祐介(トヨタ自動車)
    自己ベスト:1時間01分31秒
  • 茂木 圭次郎(旭化成)
    自己ベスト:1時間03分11秒
  • 糟谷 悟(トヨタ紡織)
    自己ベスト:1時間02分40秒
  • 松宮 祐行(日立物流)
    自己ベスト:1時間01分53秒
  • 筱嵜 昌道(日立物流)
    自己ベスト:1時間01分58秒
  • 大津 顕杜(トヨタ自動車九州)
    自己ベスト:1時間02分43秒
  • 勝亦 祐太(日本体育大)
    自己ベスト:1時間02分39秒
  • 大森 澪(中央学院大)
    自己ベスト:1時間02分47秒
  • 塩尻 和也(中央学院大)
    自己ベスト:28分32秒85 ※10000m
  • 蜂須賀 源(國學院大)
    自己ベスト:1時間02分26秒
参照

2014-2015シーズン(平成27年度)
主要な駅伝・マラソン・陸上競技大会の開催予定

備考(中止情報等)
参照

 - マラソン, 陸上 , ,

スポンサーリンク

  関連記事

「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝)2016」レース結果速報(順位・記録)、テレビ放送・中継予定、出場チーム・エントリー・区間オーダーなど情報まとめ|第11回 2016年12月30日(金)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅 …

【北海道マラソン 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手|8月30日(日)開催

夏に行われる国内のマラソンとしては最大規模のマラソン「北海道マラソン」。オリンピ …

【第91回 箱根駅伝2015 予選会】レース結果速報、日程、テレビ放送予定、注目校、エントリー|2014年10月18日(土)

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた箱根駅伝 2015「予選会」の記事です …

「全国高校駅伝(男子)2017」テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|第68回 2017年12月24日(日)開催

全国の高校駅伝男子ナンバーワンを決める駅伝「全国高校駅伝(男子)」。2017年1 …

第5回横浜国際女子マラソン

放送予定 放送日時:2013年11月17日(日)午後00:00~ 放送テレビ局: …

【第47回 全日本大学駅伝(伊勢駅伝)2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム・エントリー・区間オーダー(予定)|11月1日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「全日本大学駅伝(伊勢駅伝)」の記事で …

【富士山女子駅伝 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム・レース予想・エントリー・区間オーダー(予定)|12月30日(水)開催 全日本大学女子選抜駅伝

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅 …

【クロスカントリー日本選手権 2016】レース結果(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、注目選手(茂木圭次郎、服部弾馬、神野大地、福田有以、出水田眞紀ほか)|第99回 2月27日(土)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「クロスカントリー日本選手権」の記事で …

「箱根駅伝2017」テレビ放送・中継予定、出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|第93回 2017年1月2日(月)、3日(火)開催

正月の風物詩「箱根駅伝」。2017年1月2日(月)、3日(火)朝8:00スタート …

全日本実業団女子駅伝『クイーンズ駅伝 in 宮城 2013』

【お知らせ】 当記事は2013年に行われた「クイーンズ駅伝in宮城(全日本実業団 …