スポーツTV中継メモ

各種スポーツテレビ中継の放送予定やチケット情報などをメモっていきます

「世界陸上 2017 ロンドン・女子5000m」のテレビ放送・中継予定は?出場選手(鍋島莉奈、鈴木亜由子)、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|2017年8月11日(金)、8月14日(月)開催

      2017/08/18

スポンサーリンク

陸上競技・世界最高峰の戦い、世界陸上。2017年はロンドンで開催されます。予選が2017年8月11日(金)深夜2:30から(現地時間・前日18:30)となる「世界陸上 2017 ロンドン・女子5000m」の模様は、2017年8月11日(金)深夜2:30頃から「TBS系列」でテレビ放送(生中継)される予定です。

なお、決勝の模様は、2017年8月14日(月)深夜3:35頃から「TBS系列」でテレビ放送(生中継)される予定です。

さて、「世界陸上 2017 ロンドン」の女子5000m日本代表ですが、鍋島莉奈、鈴木亜由子選手が代表に選ばれました。2人とも日本郵政グループですね。企業イメージにもあっていて良いと思いますし、2人にも頑張って欲しい!

前回の「世界陸上 2015 北京・女子5000m」では、A.アヤナ選手(エチオピア)が14分26秒83の大会新で優勝。日本代表は鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)が決勝進出し日本人最上位・9位の15分08秒29(自己新)。同じく決勝に残った尾西美咲選手(積水化学)が13位(15分29秒63)。鷲見梓沙選手(ユニバーサルエンターテインメント)は残念ながら予選通過ならず(16分13秒65)。(※所属、年齢などは当時)

ということで2017年「世界陸上ロンドン・女子5000m」の開催日程、テレビ放送・中継予定、出場選手などをまとめました。

スポンサーリンク

開催日程

女子5000m

  • 【予選】2017年8月11日(金)
    深夜2:30から(現地時間・前日18:30)
  • 【決勝】2017年8月14日(月)
    深夜3:35から(現地時間・前日19:35)

テレビ放送予定

女子5000m(予選)

予選の模様は、2017年8月11日(金)深夜2:30頃から「TBS系列」でテレビ放送(生中継)される予定です。

  • 【TBS系列】2017年8月11日(金)深夜2:30頃~(LIVE)

スポンサーリンク

女子5000m(決勝)

決勝の模様は、2017年8月14日(月)深夜3:35頃から「TBS系列」でテレビ放送(生中継)される予定です。

  • 【TBS系列】2017年8月14日(月)深夜3:35頃~(LIVE)

出場選手

女子5000m

鍋島莉奈選手は、「陸上・日本選手権 2017」にて15分19秒87(自己ベスト)で1位、参加標準記録(15分22秒00)もクリアし、代表選出。鈴木亜由子選手を抑えての優勝は見事。世界陸上でどんな走りを見せてくれるか楽しみ!

鈴木亜由子選手は、「陸上・日本選手権 2017」にて15分20秒50で2位、参加標準記録(15分22秒00)もクリアし、代表選出。同じレースで3位に入ったのが何と高校生の小笠原朱里選手(15分23秒56)。参加標準は残念ながら破れませんでしたが、U18ユース日本記録となる好記録は素晴らしい。若手の追い上げがある中、日本女子長距離界をリードする存在ともいえる鈴木亜由子選手も刺激を受けてそうですよね。

  • 鍋島 莉奈(ナベシマ リナ)
    日本郵政グループ(東京)
    世界選手権・初出場
    自己ベスト|15分19秒87
    1993年12月16日生 160cm 45kg
    山田高(高知)→鹿屋体育大→日本郵政グループ
  • 鈴木 亜由子(スズキ アユコ)
    日本郵政グループ(東京)
    世界選手権・2回連続2回目(2017/2015)
    自己ベスト|15分08秒29
    1991年10月08日生 154cm 38kg
    時習館高(愛知)→名古屋大→日本郵政グループ

レース結果(順位・記録)

女子5000m(予選1組)

  • 1位:H.O.オビリ(ケニア)
    14分56秒70
  • 2位:A.アヤナ(エチオピア)
    14分57秒06(今季自己新)
  • 3位:S.テフェリ(エチオピア)
    14分57秒23
  • 4位:S.クルミンズ(オランダ)
    14分57秒33
  • 5位:S.ローバリー(アメリカ)
    14分57秒55(今季自己新)
  • 6位:S.C.キプロティッチ(ケニア)
    14分57秒58(自己新)
  • 7位:L.ミューア(イギリス)
    14分59秒34
    ―(予選通過ここまで)―
  • 8位:Y.ジャン(トルコ)
    15分08秒20
  • 9位:A.レー(ドイツ)
    15分10秒01(自己新)
  • 10位:A.ロザノ(スペイン)
    15分14秒23(自己新)
  • 11位:B.レビトゥ(バーレーン)
    15分16秒70(自己新)
  • 12位:M.チェランガト(ウガンダ)
    15分16秒75
  • 13位:A.セカフィエン(カナダ)
    15分19秒39
  • 14位:鈴木 亜由子(日本)
    15分24秒86
  • 15位:E.ウェリングス(オーストラリア)
    15分25秒92
  • 16位:C.ブソコンブ(ニュージーランド)
    15分40秒41
  • 棄権:S.ラーティ(スウェーデン)

女子5000m(予選2組)

  • 1位:L.ギデイ(エチオピア)
    14分59秒34
  • 2位:S.ハッサン(オランダ)
    14分59秒85
  • 3位:S.ホウリハン(アメリカ)
    15分00秒37(自己新)
  • 4位:E.マコルガン(イギリス)
    15分00秒38(自己新)
  • 5位:M.C.キプケンボイ(ケニア)
    15分00秒39
  • 6位:K.B.グローフダル(ノルウェー)
    15分00秒44(今季自己新)
  • 7位:M.ハドル(アメリカ)
    15分03秒60
    ―(予選通過ここまで)―
  • 8位:K.ゲザヘゲ(バーレーン)
    15分07秒19
  • 9位:鍋島 莉奈(日本)
    15分11秒83(自己新)
  • 10位:M.ヒルズ(オーストラリア)
    15分13秒77
  • 11位:S.ケサン(ウガンダ)
    15分23秒02
  • 12位:J.オコネル(カナダ)
    15分23秒16
  • 13位:M.コネオ(コロンビア)
    15分26秒18(国内記録)
  • 14位:H.シー(オーストラリア)
    15分38秒86
  • 15位:S.トウェル(イギリス)
    15分41秒29
  • 16位:Y.シュマテンコ(ウクライナ)
    16分40秒36
  • 棄権:G.ディババ(エチオピア)

女子5000m(決勝)

  • 1位:H.O.オビリ(ケニア)
    14分34秒86
  • 2位:A.アヤナ(エチオピア)
    14分40秒35(今季自己新)
  • 3位:S.ハッサン(オランダ)
    14分42秒73
  • 4位:S.テフェリ(エチオピア)
    14分47秒45
  • 5位:M.C.キプケンボイ(ケニア)
    14分48秒74
  • 6位:L.ミューア(イギリス)
    14分52秒07
  • 7位:S.C.キプロティッチ(ケニア)
    14分54秒05(自己新)
  • 8位:S.クルミンズ(オランダ)
    14分58秒33
    ―(入賞ここまで)―
  • 9位:J.ナイト(カナダ)
    14分59秒92
  • 10位:K.キャンベル(ジャマイカ)
    15分00秒43
  • 11位:P.ティアーナン(オーストラリア)
    15分04秒99
  • 12位:B.バレウ(バーレーン)
    15分05秒28
  • 13位:C.ルット(ケニア)
    15分06秒40
  • 14位:A.ハブテ(エリトリア)
    15分28秒21
  • 途中棄権:R.ヒル(アメリカ)

過去の「世界陸上・女子5000m」の記事

前回の「世界陸上・女子5000m」のレース概要

詳細(順位・記録など)は「世界陸上 2015 北京・女子5000m」の記事にまとめてありますが、レース概要だけざっとご紹介します。(所属などは当時)

前回のレースですが、A.アヤナ選手(エチオピア)が14分26秒83の大会新で優勝。日本代表は鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)が決勝進出し日本人最上位・9位の15分08秒29(自己新)。同じく決勝に残った尾西美咲選手(積水化学)が13位(15分29秒63)。鷲見梓沙選手(ユニバーサルエンターテインメント)は残念ながら予選通過ならず(16分13秒65)。(※所属、年齢などは当時)

参照

2017-2018シーズン(平成29年度)
主要な駅伝・マラソン・陸上競技大会の開催予定

参照

 - 陸上 , , , , , , ,

スポンサーリンク

  関連記事

2014年11月3日「第55回東日本実業団対抗駅伝、第25回東日本実業団対抗女子駅伝」レース結果、テレビ放送予定、出場チーム、区間エントリー|2014彩の国 実業団駅伝

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた「東日本実業団対抗駅伝(彩の国実業団駅 …

「ちばアクアラインマラソン2016」のテレビ放送・中継予定、招待選手(川内優輝ら)、レース結果など情報まとめ|2016年10月23日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「ちばアクアラインマラソン」の記事です …

【全国都道府県対抗女子駅伝2015】結果、テレビ放送予定、エントリー/区間オーダー、注目チーム/選手、レース予想|1月11日(日)開催(第33回)

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「全国女子駅伝(全国都道府県対抗女子駅 …

【第1回 さいたま国際マラソン 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手|11月15日(日)開催、リオ五輪・女子マラソン代表選考レース

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「さいたま国際マラソン」の記事です。2 …

【全国都道府県対抗女子駅伝 2016】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム、レース予想、エントリー・区間オーダー(予定)|1月17日(日)開催 第34回 全国女子駅伝

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「全国女子駅伝(全国都道府県対抗女子駅 …

「U20・U18日本陸上競技選手権 2017」テレビ放送・中継予定は?エントリー・注目選手、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|JOCジュニアオリンピックカップ 2017年10月20日(金)~22日(日)開催

日本におけるスポーツの祭典「U20・U18日本陸上競技選手権(JOCジュニアオリ …

「さいたま国際マラソン 2016」のレース結果(順位・記録)、テレビ放送・中継予定、招待選手など情報まとめ|第2回 2016年11月13日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「さいたま国際マラソン」の記事です。2 …

「全日本大学駅伝 2017」テレビ放送・中継予定は?出場チーム・エントリー・区間オーダー、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第49回 伊勢駅伝 2017年11月5日(日)開催

伊勢路を舞台に男子大学駅伝・日本一を決める大会「全日本大学駅伝(伊勢駅伝)」。2 …

リオ五輪2016男子マラソンのテレビ放送・中継予定、出場選手(佐々木悟、北島寿典、石川末廣)、レース結果など情報まとめ

4年に一度しか開かれないオリンピック、2016年はリオデジャネイロで開催されます …

【第91回 箱根駅伝2015 予選会】レース結果速報、日程、テレビ放送予定、注目校、エントリー|2014年10月18日(土)

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた箱根駅伝 2015「予選会」の記事です …