スポーツTV中継メモ

各種スポーツテレビ中継の放送予定やチケット情報などをメモっていきます

【世界陸上2015北京/男子マラソン】レース結果速報(順位・記録)、テレビ放送予定、出場選手(今井正人、前田和浩、藤原正和)|8月22日(土)開催

      2017/07/28

【お知らせ】

当記事は2015年に行われた世界陸上・男子マラソンの記事です。2017年の「世界陸上 2017 ロンドン・男子マラソン」の記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

レース結果速報(順位・記録)

遂に世界陸上2015北京がはじまりました!最初の競技、男子マラソンは波乱の幕開け。有力選手が続々脱落する中で、19歳の新鋭、G.ゲブレスラシエ選手が2時間12分27秒で優勝。エリトリアに初の金メダルをもたらしました。

日本代表は藤原正和選手(Honda)は21位、2時間21分05秒でゴール。前田和浩選手(九電工)は40位、2時間32分48秒。8位入賞でリオ五輪代表内定というレースでしたが、残念ながら内定を逃しました。

順位・記録

  • 1位:G.ゲブレスラシエ選手(エリトリア)
    2時間12分27秒
  • 2位:Y.ツェゲイ選手(エチオピア)
    2時間13分07秒
  • 3位:M.S.ムタイ選手(ウガンダ)
    2時間13分29秒
  • 4位:R.ペルティーレ選手(イタリア)
    2時間14分22秒
  • 5位:S.デチャサ選手(バーレーン)
    2時間14分35秒
  • 6位:S.キプロティッチ選手(ウガンダ)
    2時間14分42秒
  • 7位:L.デシサ選手(エチオピア)
    2時間14分53秒
  • 8位:D.メウッチ選手(イタリア)
    2時間14分53秒
    ―――――――――――
  • 21位:藤原正和選手(Honda)
    2時間21分05秒
  • 40位:前田和浩選手(九電工)
    2時間32分48秒

スポンサーリンク

レース展開

  • フィニッシュ:前田和浩選手(九電工)は40位、2時間32分48秒でゴール。
  • フィニッシュ:藤原正和選手(Honda)は21位、2時間21分05秒でゴール。
  • フィニッシュ:2時間12分27秒でG.ゲブレスラシエ選手がエリトリア初の金メダル!銀メダルはY.ツェゲイ選手(エチオピア)、銅メダルはM.S.ムタイ選手(ウガンダ)。
  • 35km地点:前田和浩選手(九電工)は42位で13分15秒差。
  • 40km地点:2時間05分41秒で先頭が通過。トップはG.ゲブレスラシエ選手(エリトリア)。2位、Y.ツェゲイ選手(エチオピア)で12秒差。
  • 38.5km過ぎ、トップG.ゲブレスラシエ選手(エリトリア)が並走していたY.ツェゲイ選手(エチオピア)を引き離しはじめた。
  • 35km地点:藤原正和選手(Honda)は24位で4分41秒差。
  • 38km手前、トップのG.ゲブレスラシエ選手(エリトリア)にY.ツェゲイ選手(エチオピア)が追いついた。
  • 36km過ぎ、1位がG.ゲブレスラシエ選手(エリトリア)、2位がY.ツェゲイ選手(エチオピア)、3位がM.S.ムタイ選手(ウガンダ)。
  • 35km過ぎ:トップのT.ラモネネ選手(レソト)にG.ゲブレスラシエ選手(エリトリア)が追いついた。
  • 35km地点:1時間50分38秒で先頭が通過。トップはT.ラモネネ選手(レソト)。
  • 35km手前、T.ラモネネ選手(レソト)が給水で手間取って一旦止まった。
  • 30km地点:前田和浩選手(九電工)は44位で7分49秒差。
  • 33km過ぎ、変わらずT.ラモネネ選手(レソト)が先頭を独走。後方、先頭集団は牽制しあって動けない?
  • 30km地点:藤原正和選手(Honda)は25位で2分15秒差。
  • 30km過ぎ、T.ラモネネ選手(レソト)がだいぶ後続を引き離しはじめた。勝負にでたか?
  • 30km地点:1時間35分2秒で先頭が通過。トップはT.ラモネネ選手(レソト)。
  • 30km手前、T.ラモネネ選手(レソト)が突出。
  • 28km過ぎ、R.ペルティーレ選手(イタリア)が先頭、集団には吸収されている。
  • 25km地点:前田和浩選手(九電工)は43位で3分28秒差。
  • 25km地点:藤原正和選手(Honda)は22位で38秒差。
  • 25km地点:1時間19分16秒で先頭が通過。トップはD.メウッチ選手(イタリア)。
  • 24km過ぎ、R.ペルティーレ選手(イタリア)、D.メウッチ選手(イタリア)、イタリア勢2人が先頭で少しぬけている、その後ろに集団。
  • 23km手前、R.ペルティーレ選手(イタリア)がレースをひっぱる。
  • 22km過ぎ、藤原正和選手(Honda)は先頭集団からじりじり遅れはじめた。
  • 21km付近:藤原正和選手(Honda)は先頭集団。少し遅れぎみだったがまだ追いついた。
  • 20km地点:前田和浩選手(九電工)は37位でトップと54秒差。藤原正和選手(Honda)は先頭集団で6秒差。
  • 20km地点:1時間03分23秒で通過。藤原正和選手(Honda)は先頭集団にいる。
  • 20km手前、D.メウッチ選手(イタリア)が突出。
  • 19km付近、藤原正和選手(Honda)が先頭集団に復帰。
  • 18km過ぎ、先頭集団は12人。藤原正和選手(Honda)はその後方13位集団。前田和浩選手(九電工)はさらに後方。
  • 16km過ぎ、L.デシサ選手(エチオピア)、S.デチャサ選手(バーレーン)、Y.ツェゲイ選手(エチオピア)がひっぱって、先頭集団が分裂。藤原正和選手(Honda)は第2集団、前田和浩選手(九電工)はその後方、第3集団あたり。
  • 15km過ぎ、L.デシサ選手(エチオピア)、S.デチャサ選手(バーレーン)、Y.ツェゲイ選手(エチオピア)が先頭でひっぱる。
  • 15km地点:47分48秒で通過。前田和浩選手(九電工)、藤原正和選手(Honda)は先頭集団にいる。
  • 11km過ぎ、D.メウッチ選手(イタリア)、R.ペルティーレ選手(イタリア)、2人のイタリア勢がレースをひっぱっている。
  • 10km地点:31分51秒で通過。前田和浩選手(九電工)、藤原正和選手(Honda)は先頭集団にいる。
  • 9km手前、藤原正和選手(Honda)は先頭集団前目、前田和浩選手(九電工)は先頭集団最後尾ながら楽そうに走っている。
  • 8km手前でS.バトオチル選手(モンゴル)が後続に吸収された。
  • 6km手前:S.バトオチル選手(モンゴル)が突出。誰もついていかない。
  • 5km地点:16分6秒で通過。
  • 日本でもおなじみS.バトオチル選手(モンゴル)は先頭の方にいますね。
  • 入りの3kmは9分17秒くらい。
  • 2時間02分57秒という驚異の世界記録保持者D.キメット選手(ケニア)、2012年ロンドン五輪・2013年世界陸上モスクワで金メダルのS.キプロティッチ選手(ウガンダ)も出場しています。
  • 今井正人選手は残念ながら髄膜炎のため欠場。
  • 日本代表は前田和浩選手(九電工)、藤原正和選手(Honda)。
  • 2015年8月22日(土)8時35分、世界陸上2015の男子マラソンがスタートしました!
  • まもなくスタート。
2年おきに開催され、オリンピックに並ぶ世界最高峰の大会「世界陸上」。数々の名勝負を生んだこの大会、男子マラソンから遂に始まります!

日本代表は今井正人選手(2015/8/3 追記、欠場決定)、前田和浩選手、藤原正和選手の3人。箱根駅伝での活躍後、マラソンでは苦しみ続けたものの、2015年2月の東京マラソンで日本歴代6位となる2時間7分39秒の自己ベストを出し、代表選出となった今井正人選手。前回2013年モスクワ大会にも出場、経験豊富な前田和浩選手、藤原正和選手。

前回の覇者はスティーブン・キプロティチ選手(ウガンダ)で記録は2時間9分51秒。日本人最高は中本健太郎選手が5位で2時間10分50秒でした。2時間2~3分台のベストタイムを持つケニア・エチオピア勢を抑えて、2時間6分台がベストタイムのキプロティチ選手が勝利したことからわかるように、この大会は暑さもあり、ケニア・エチオピア勢が絶対的に有利な大会ではありません。しかも今年の開催地は日本と同じく高温多湿な北京。日本勢にもチャンスがあると思います。期待したいですね!

ということで2015年の「世界陸上(男子マラソン)」開催日程、テレビ放送予定、出場選手などをまとめました。

(2015/8/3 追記)
髄膜炎のため今井正人選手の欠場が決まりました。また、代替選手の選出はないとのこと。残念ですが、一番悔しいのは本人だと思います。早く回復することを祈っております。

スポンサーリンク

開催日程、テレビ放送予定(世界陸上2015北京/男子マラソン)

開催日程

現地中国・北京との時差は1時間です。

  • 2015年8月22日(土)
    日本時間あさ8:35~(現地時間7:35~)
  • 会場
    中国・北京

テレビ放送予定(TBS/地上波)

  • 2015年8月22日(土)
    あさ7時~ごご1時54分の枠で放送予定
    (生中継なら、あさ8:35~)

【記事の途中ですがちょっとひと休み】
DAZN(ダ・ゾーン)ってご存知ですか?

HuluNetflixみたいなオンライン動画サービスで、スポーツに特化したサービスなんです。

最近、ドコモと提携してDAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)というサービスを2017年2月15日から開始する予定とのこと。

DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)では、通常月額1,750円(税抜)のところをドコモを利用中なら月額980円(税抜)で利用できるそうなので、利用しやすくなりますね!初回申込み限定ですが、初回31日間無料だそうです。

映画・ドラマ・アニメ・音楽が見放題のdTVDAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)のセットも始める予定だそうで、こちらはドコモを利用中なら月額1,280円(税抜)。さらにスポーツや映画・ドラマ・アニメ・音楽を楽しむ機会が増えますし、ご検討してみてはいかがでしょうか?

参照

出場選手

  • 今井正人選手(トヨタ自動車九州)
    初出場、ベストタイム:2時間7分39秒(2015/8/3 追記、欠場決定
  • 前田和浩選手(九電工)
    2大会連続4回目、ベストタイム:2時間8分0秒
  • 藤原正和選手(Honda)
    2大会連続2回目、ベストタイム:2時間8分12秒
参照

2014-2015シーズン(平成27年度)
主要な駅伝・マラソン・陸上競技大会の開催予定

備考(中止情報等)
参照

 - マラソン, 陸上 , ,

スポンサーリンク

  関連記事

【福岡国際マラソン2014】結果、テレビ放送予定、エントリー(中本健太郎、藤原正和、宇賀地強、上野裕一郎)|12月7日開催(第68回)

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた「福岡国際マラソン」の記事です。201 …

【クロスカントリー日本選手権 2016】レース結果(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、注目選手(茂木圭次郎、服部弾馬、神野大地、福田有以、出水田眞紀ほか)|第99回 2月27日(土)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「クロスカントリー日本選手権」の記事で …

「別大マラソン(別府大分毎日マラソン)2017」のテレビ放送・中継予定は?招待選手・ペースメーカー・一般の注目選手(中本健太郎、丸山文裕、大石港与ほか)、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第66回 2017年2月5日(日)開催

別大の愛称で親しまれている「別大マラソン(別府大分毎日マラソン)」。2017年2 …

「世界陸上 2017 ロンドン・男子10000m」のテレビ放送・中継予定は?出場選手(モハメド・ファラー)、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|2017年8月5日(土)開催

陸上競技・世界最高峰の戦い、世界陸上。2017年はロンドンで開催されます。決勝( …

【香川丸亀国際ハーフマラソン2015】レース結果(順位/記録)、テレビ放送予定、招待選手、一般参加の注目選手(菊地賢人、設楽啓太、村澤明伸、藤原新、神野大地、一色恭志、井上大仁、中村匠吾、三浦雅裕、横手健、設楽悠太)|2月1日(日)開催(第69回)

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「丸亀ハーフ(香川丸亀国際ハーフマラソ …

「福岡国際マラソン 2017」のテレビ放送・中継予定は?招待選手・注目選手(川内優輝、大迫傑、佐藤悠基、神野大地、設楽啓太ら)、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第71回 2017年12月3日(日)開催

歴史がある男子マラソン三大レースの一つ「福岡国際マラソン」(あとは、東京マラソン …

【クイーンズ駅伝in宮城 2015】レース結果(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム、レース予想、エントリー・区間オーダー(予定)|第35回 全日本実業団女子駅伝 12月13日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「クイーンズ駅伝in宮城(全日本実業団 …

2013富士山女子駅伝(2013全日本大学女子選抜駅伝競走)

【お知らせ】 当記事は2013年に行われた「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅 …

「プリンセス駅伝in宗像・福津2016」レース結果速報(順位・記録)、テレビ放送・中継予定、出場チーム・エントリー・区間オーダーなど情報まとめ|第2回 全日本実業団対抗女子駅伝予選会 2016年10月23日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「プリンセス駅伝(全日本実業団女子駅伝 …

【富士山女子駅伝 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム・レース予想・エントリー・区間オーダー(予定)|12月30日(水)開催 全日本大学女子選抜駅伝

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅 …