スポーツTV中継メモ

各種スポーツテレビ中継の放送予定やチケット情報などをメモっていきます

【第69回 福岡国際マラソン 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、招待選手(川内優輝、小林光二、佐々木悟、キメット、マカウ、マサシ、バトオチル、ギタウ)|12月6日(日)開催、リオ五輪・男子マラソン代表選考レース

      2017/11/07

【お知らせ】
当記事は2015年に行われた「福岡国際マラソン」の記事です。2017年の「福岡国際マラソン」の記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

第69回と歴史がある男子マラソン三大レースの一つ「福岡国際マラソン」(あとは、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)は今年は2015年12月6日(日)に開催。その模様はテレビ朝日系列など全国29局ネットで昼12:00から生中継されます。

しかし、今年2015年の「福岡国際マラソン」は凄いことになりました!現世界記録保持者のデニス・キメット選手(ケニア/ベスト:2時間2分57秒)、前回優勝者で元世界記録保持者のパトリック・マカウ選手(ケニア/ベスト:2時間3分38秒)、そして2時間4分台の記録を持つゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア/ベスト:2時間4分50秒)、バーナード・コエチ選手(ケニア/ベスト:2時間4分53秒)が参戦。かつてない豪華なメンバーが集まります。

キメット選手ら世界トップランナーにチャレンジする日本人選手は、川内優輝選手(埼玉県庁/ベスト:2時間8分14秒)、小林光二選手(SUBARU/ベスト:2時間8分51秒)ら。リオ五輪・男子マラソン代表選考レースでもありますので、リオへの切符をかけて頑張って欲しいですね。その他にマサシ、バトオチル、ギタウといった国内でおなじみのランナーも走ります。

昨年2014年の福岡国際マラソンもパトリック・マカウ選手が良いレースを見せてくれて、日本人選手でも藤原正和選手(Honda)、足立知弥選手(旭化成)がサブテン達成。有力選手により高速レースが展開され、日本人選手にも良い記録が出るようになってきた東京マラソンのようなレースを期待したいところ。

ということで第69回(2015年)「福岡国際マラソン」の開催日程、テレビ放送予定、招待選手などをまとめました。

(2015/12/6)
小林光二選手、ジョセフ・ギタウ選手、ガンドゥ・ベンジャミン選手は欠場だそうです。残念ですが次の機会に期待したいですね。

スポンサーリンク

レース結果速報(順位・記録)

2015年の福岡国際マラソンは波乱の展開でした。世界記録保持者、デニス・キメット選手(ケニア)が開始早々5kmでリタイア、レース序盤の11.5km付近で川内優輝選手(埼玉県庁)が先頭集団から脱落。

そんな中強さを見せたパトリック・マカウ選手(ケニア)が2時間8分18秒で優勝!ゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)が2位に入りました。

リオデジャネイロ五輪日本代表選考レースでもある本大会。気になる日本人選手ですが、佐々木悟選手(旭化成)が2時間8分56秒で3位に。選考争いに1番名乗りを上げました。高田千春選手(JR東日本)が続いて2時間10分55秒で5位(日本人2位)。大塚良軌選手(愛知製鋼)が2時間12分46秒で7位(日本人3位)。今後の選考レースも気になりますね!

スポンサーリンク

順位・記録(8位まで入賞)

  • 1位:パトリック・マカウ選手(ケニア)
    2時間8分18秒
  • 2位:ゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)
    2時間8分31秒
  • 3位:佐々木悟選手(旭化成)
    2時間8分56秒
  • 4位:バーナード・コエチ選手(ケニア)
    2時間9分43秒
  • 5位:高田千春選手(JR東日本)
    2時間10分55秒
  • 6位:パウロ・パウラ選手(ブラジル)
    2時間11分02秒
  • 7位:大塚良軌選手(愛知製鋼)
    2時間12分46秒
  • 8位:川内優輝選手(埼玉県庁)
    2時間12分48秒
    ――――――――――
  • 9位:セルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)
    2時間14分19秒

レース展開

  • フィニッシュ:パトリック・マカウ選手(ケニア)が2時間8分18秒で優勝!2位はゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)。3位は佐々木悟選手(旭化成)で2時間8分56秒。
  • 40km過ぎ、先頭マカウ選手とフェレケ選手との差は縮まらない。佐々木悟選手(旭化成)は単独3位。
  • 40kmを先頭のマカウ選手が2時間1分36秒で通過。フェレケ選手が2位。佐々木悟選手(旭化成)がコエチ選手を引き離し3位。
  • 39km付近、フェレケ選手がコエチ選手をかわし2位浮上、佐々木悟選手(旭化成)もコエチ選手に追いついて3位争い。
  • 38km手前、バーナード・コエチ選手(ケニア)がスパートに成功。コエチ選手が2位。佐々木悟選手(旭化成)はフェレケ選手と並んで先頭と16秒差の3位争い。
  • 37km過ぎ、マカウ選手がスパート、コエチ選手はついていけない。佐々木悟選手(旭化成)はフェレケ選手と並んで先頭と6秒差の3位争い。
  • 35kmを1時間46分10秒で通過。先頭はバーナード・コエチ選手(ケニア)、パトリック・マカウ選手(ケニア)の争い。少し離れて、ゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)と佐々木悟選手(旭化成)。
  • 35km手前、バーナード・コエチ選手(ケニア)が仕掛けた。パトリック・マカウ選手(ケニア)がついていく。ゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)、佐々木悟選手(旭化成)は少し離れた。
  • 32.5km付近、先頭はゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)、バーナード・コエチ選手(ケニア)、パトリック・マカウ選手(ケニア)、佐々木悟選手(旭化成)の4人。
  • 32km過ぎ、高田千春選手(JR東日本)とマーティン・マサシ選手(スズキ浜松AC/ケニア)が遅れはじめた。
  • 30km付近、園田隼選手(黒崎播磨)が外丸和輝選手(トヨタ自動車)に追いつき、日本人選手内では3位争い。
  • 30km過ぎ、セルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)が先頭集団から遅れはじめた。
  • 30kmを1時間30分50秒で通過。先頭集団は佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)ら7人。
  • 28km手前、先頭集団はゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)、バーナード・コエチ選手(ケニア)、パトリック・マカウ選手(ケニア)、マーティン・マサシ選手(スズキ浜松AC/ケニア)、セルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)、佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)の7人。
  • 30km想定だったペースメーカーが25kmで外れた。その後26kmは1km3分7秒程度にペースダウン。
  • 25kmを1時間15分18秒で通過。先頭集団は佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)ら7人。
  • 25km手前、先頭集団から外丸和輝選手(トヨタ自動車)が遅れた。残るは佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)。
  • 23km過ぎの給水所で給水した外丸和輝選手(トヨタ自動車)がまた先頭集団からジリジリと遅れはじめた。
  • 22km過ぎ、先頭集団から遅れそうだった外丸和輝選手(トヨタ自動車)が粘りを見せ、先頭集団に食らいついている。
  • 中間点を1時間3分29秒で通過。2時間7分ちょうどフィニッシュくらいのペース。先頭集団は佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)ら。
  • 20kmを1時間8秒で通過。先頭集団は佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)ら。
  • 19km過ぎ、先頭集団から園田隼選手(黒崎播磨)、山口祥太選手(富士通)が遅れはじめた。外丸和輝選手(トヨタ自動車)も最後尾で少し苦しそう。
  • 18km過ぎ、ゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)、バーナード・コエチ選手(ケニア)、パトリック・マカウ選手(ケニア)、マーティン・マサシ選手(スズキ浜松AC/ケニア)、セルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)、佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)、園田隼選手(黒崎播磨)、山口祥太選手(富士通)の10人。
  • 15km、45分5秒で通過。先頭集団は佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)ら。
  • 14km過ぎ、先頭集団に残る日本人選手は佐々木悟選手(旭化成)、高田千春選手(JR東日本)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)、園田隼選手(黒崎播磨)、山口祥太選手(富士通)の5人。
  • 11.5km付近、川内優輝選手(埼玉県庁)が先頭集団から少し遅れはじめた。
  • 10km付近で第2集団の海外招待選手が先頭集団に追いついてきた。
  • 10km、30分ちょうど~1秒程度で通過。先頭集団はセルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)、川内優輝選手(埼玉県庁)、高田千春選手(JR東日本)、門田浩樹選手(カネボウ)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)ら。
  • 7km過ぎ、先頭集団に海外招待選手が全くいないという異常事態。
  • 5.5kmあたりの最初の給水所、川内優輝選手(埼玉県庁)はボトルとれず。
  • 5km過ぎに外丸和輝選手(トヨタ自動車)がペースメーカーに話しかけた。ペースアップを促したか?
  • 5kmの先頭集団、セルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)、川内優輝選手(埼玉県庁)、高田千春選手(JR東日本)、門田浩樹選手(カネボウ)、外丸和輝選手(トヨタ自動車)ら。
  • 5kmは15分6~7秒程度で通過。
  • 4km過ぎ、世界記録保持者、デニス・キメット選手(ケニア)が先頭集団についていけない。
  • 3km過ぎ、世界記録保持者、デニス・キメット選手(ケニア)が先頭集団の後方に下がっている。
  • 最初の1kmは3分5秒程度。ペースメーカーの設定よりは遅いペース。
  • ペースメーカーは1km3分30kmまで、1km3分5秒ハーフまでの2グループ。
  • 2015/12/6(日)12:10、リオデジャネイロ五輪代表をかけ、福岡国際マラソンがスタートしました!
  • まもなくスタート。

開催日程、テレビ放送予定(第69回 福岡国際マラソン 2015)

開催日程

  • 2015年12月6日(日)競技スタート 12:10
  • コース:平和台陸上競技場・大濠公園~福岡市西南部周回~香椎折り返し(42.195km)

テレビ放送予定(テレビ朝日/地上波)

  • 2015年12月6日(日)
    ひる12:00~(生中継/テレビ朝日系列など全国29局ネット)
参照

招待選手

海外招待選手(男子)

  • デニス・キメット選手(ケニア)
    自己ベスト:2時間2分57秒(2014年 ベルリン)
    現世界記録保持者
  • パトリック・マカウ選手(ケニア)
    自己ベスト:2時間3分38秒(2011年 ベルリン)
    元世界記録保持者、前回(2014年)の福岡国際優勝
  • ゲトゥ・フェレケ選手(エチオピア)
    自己ベスト:2時間4分50秒(2012年 ロッテルダム)
  • バーナード・コエチ選手(ケニア)
    自己ベスト:2時間4分53秒(2013年 ドバイ)
  • サムエル・ツェガエ選手(エリトリア)
    自己ベスト:2時間7分28秒(2011年 アムステルダム)
  • アマヌエル・メセル選手(エリトリア)
    自己ベスト:2時間8分17秒(2013年 バレンシア)
  • セルゲイ・レビット選手(ウクライナ)
    自己ベスト:2時間8分32秒(2014年 ソウル)
  • カットバード・ニャサンゴ選手(ジンバブエ)
    自己ベスト:2時間9分52秒(2014年 プラハ)
  • パウロ・パウラ選手(ブラジル)
    自己ベスト:2時間10分23秒(2012年 パドバ)
  • ディラン・ワイクス選手(カナダ)
    自己ベスト:2時間10分47秒(2012年 ロッテルダム)

国内招待選手(男子)

  • マーティン・マサシ選手(スズキ浜松AC/ケニア)
    自己ベスト:2時間7分16秒(2013年 福岡)
  • セルオド・バトオチル選手(NTN/モンゴル)
    自己ベスト:2時間8分50秒(2014年 福岡)
  • 【欠場】小林 光二選手(SUBARU)
    自己ベスト:2時間8分51秒(2014年 東京)
  • 【欠場】ジョセフ・ギタウ選手(JFEスチール/ケニア)
    自己ベスト:2時間6分58秒(2012年 福岡)
  • 川内 優輝選手(埼玉県庁)
    自己ベスト:2時間8分14秒(2013年 ソウル)
  • 【欠場】ガンドゥ・ベンジャミン選手(モンテローザ/ケニア)
    自己ベスト:2時間9分18秒(2015年 東京)
  • 高田 千春選手(JR東日本)
    自己ベスト:2時間10分3秒(2014年 福岡)
  • 門田 浩樹選手(カネボウ)
    自己ベスト:2時間10分46秒(2015年 別府大分)
  • 外丸 和輝選手(トヨタ自動車)
    自己ベスト:2時間11分25秒(2014年 ベルリン)
  • 大塚 良軌選手(愛知製鋼)
    自己ベスト:2時間11分40秒(2014年 福岡)
参照

2014-2015シーズン(平成27年度)
主要な駅伝・マラソン・陸上競技大会の開催予定

備考(中止情報等)
参照

 - マラソン, 陸上 , , ,

スポンサーリンク

  関連記事

「福岡国際マラソン2016」のレース結果速報(順位・記録)、テレビ放送・中継予定、招待選手など情報まとめ|第70回 2016年12月4日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「福岡国際マラソン」の記事です。201 …

【第31回 東日本女子駅伝 2015】レース結果速報(順位・記録)、日程、テレビ放送予定、出場チーム・エントリー・区間オーダー(予定)|11月8日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「東日本女子駅伝」の記事です。2016 …

「関東インカレ 2017(第96回 関東学生陸上競技対校選手権大会)」テレビ放送・中継予定は?エントリー・注目選手、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|2017年5月25日(木)~28日(日)開催

箱根駅伝よりも歴史の古い大会「関東インカレ(第96回 関東学生陸上競技対校選手権 …

「全日本実業団陸上2016」テレビ放送・中継予定、注目選手、レース結果など情報まとめ|全日本実業団対抗陸上競技選手権 2016年9月23日~25日開催|「炎の体育会TV」上田ジャニーズ陸上部の参戦決定!

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「全日本実業団陸上(全日本実業団対抗陸 …

「世界陸上 2017 ロンドン・女子10000m」のテレビ放送・中継予定は?出場選手(鈴木亜由子、松田瑞生、上原美幸)、レース結果(順位・記録)など情報まとめ|2017年8月6日(日)開催

陸上競技・世界最高峰の戦い、世界陸上。2017年はロンドンで開催されます。決勝( …

「大阪国際女子マラソン2017」のテレビ放送・中継予定は?招待選手・ネクスト ヒロイン選手(伊藤舞、重友梨佐、竹中理沙、加藤岬、前田穂南、新井沙紀枝ら)、レース結果速報(順位・記録)など情報まとめ|第36回 2017年1月29日(日)開催

世界陸上2017ロンドンの代表選考レースとなる「大阪国際女子マラソン」。2017 …

【日本ジュニア/ユース陸上選手権 2015】日程、テレビ放送予定|10月16日(金)~18日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2015年に行われた「U20・U18日本陸上競技選手権(J …

【富士山女子駅伝2014】結果(最終成績/区間賞)、テレビ放送予定、出場チーム、エントリー、区間オーダー|12月23日(火)開催(平成26年度、第9回 全日本大学女子選抜駅伝)

【お知らせ】 当記事は2014年に行われた「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅 …

「全国高校駅伝(女子)2016」レース結果(順位・記録)、テレビ放送・中継予定、出場チーム・エントリー・区間オーダーなど情報まとめ|第28回 2016年12月25日(日)開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「全国高校駅伝(女子)」の記事です。2 …

「全中陸上2016」テレビ放送・中継予定、レース結果など情報まとめ|全日本中学校陸上競技選手権大会 8月21日~24日開催

【お知らせ】 当記事は2016年に行われた「全中陸上(全日本中学校陸上競技選手権 …